ビギナーズラックは続かない

huurereFX取引はお金さえあれば始められると思っている人もいるようですが、そんなことはありません。確かにまったく知識なしでFXをやってみて利益が出る場合もあるでしょう。ですがそれはビギナーズラックのようなものにすぎません。

FXやバイナリーオプションとはきちんとした知識がなければ、なかなか思ったように利益を上げられない取引で、大きな損失を被ってしまうかもしれません。別にFXやバイナリーオプション海外に限った話ではありませんが、ルールやテクニックを覚えた上で始めることは大事になります。

「ドル円を10,000通貨買いのポジションを持った状態で1円下がったらどうなるのか?」これに瞬時に応えられないようでは、まだまだFXを始めるのは危険といわざるを得ません。FX入門用の参考書を買ってきたり、デモトレードを体験できる業者などでしばらく勉強した方がいいでしょう。充実したデモトレード環境を整えている業者としてお勧めなのが Binary88です。バイナリーオプション専門の業者で、シンプルで分かり易い取引を提供しています。

デモトレードは実際にはお金を動かさずに、本当の取引と同じような条件で体験できますのでおすすめです。その際に、取引ツールの操作方法も覚えておくと、後々まで役に立つと思います。

ちなみに計算方法は、10,000通貨×1円で10,000円の損失になります。逆に1円あがれば10,000円の利益ですね。これが20,000通貨で2円変動した場合なら、20,000通貨×2円で40,000円の利益もしくは損失ということです。知っていれば簡単な計算ですよね。

特に短期の利益の場合は瞬時の判断力が重要になりますので、参考書を読みながら取引をするというわけにはいきません。

テクニカル分析にはオシレーター系とトレンド系という方法があります。オシレーター系というのは現在の値段が勢いが強いのか弱いのかを判断します。

そのオシレーター系にはRSIという方法がありますが、これは一定期間で変動幅を見て70%以上になると「買われすぎ」と判断し、逆に30%以下になると「売られすぎ」と判断します。買われすぎの状態になっているのであれば売ることを考え、売られすぎの状態であれば買うことを考えます。

もちろん逆張りに利用しないとしても、現在の相場の状況を把握するのに役立つことでしょう。トレンド系はその名の通り、市場の方向性を確認し、それに乗っかるための方法です。

しかし値段がずっと横ばいになっていてトレンドが読めないという場合には、RSIが力を発揮するのです。トレンド系の移動平均線やMACDと、オシレーター系のRSIと組み合わせて分析するというのも一般的です。