FX業者選びの際に考えたいポイント

huurere4434これを言ってしまうとタイトルの意味がないかもしれませんが、海外が国内かということ以上にFX業者選びの際に考えたいポイントはたくさんあります。

以前は「英語ができないから必然的に国内業者を選ぶしかない」という状況も考えられましたが、今は著名な業者の中で、日本語に対応していない業者を見つけるほうが難しいのでは、というくらい、多言語対応が進んでいます。サイトや口座の開設はもちろん、電話やメール、チャットでの対応も日本語でokの海外業者も多いので、もし、英語の問題だけで国内業者を選ぼうとしているのであれば、比較対象が少なすぎるかもしれません。日本語対応の業者も含めた上で、メリットとデメリットを比較してみてはいかがでしょうか。

おすすめサイト: 88バイナリーオプション.com

では、具体的に比較ポイントをみていきましょう。まず、「つぶれそうもない会社」、つまり実績と信頼があって、信託保全等、顧客の資金が万が一の自体でもしっかり守られる仕組みをとっている業者を選ぶことです。海外業者では追証ゼロサービスといって、口座資金がマイナスにならない仕組みをとっていることも多いです。XEマーケットもそんな業者の一つです。FXは理性をもって取り組めば予想外の損失を出す前に切り抜けることは可能ですが、このような仕組みを持つ業者を利用することによって、さらに安心感が増すでしょう。

次にコストです。取引手数料が主なコストになりますが、その他、出金、入金にかかる手数料、取引を長期間行なわない時にかかる口座維持手数料など、業者によってかなり違いが生じる部分です。手数料は手数料で別に考えてしまう人も多いのですが、FX取引において手数料は、「損失額」にいれて考えておくことをおすすめします。取引での利益と損失だけをカウントしていると、利益は出ているはずなのに少しずつ口座の金額が目減りしてしまっていたなんてことになりかねません。

最後にサイトや取引プラットフォームが使いやすいかどうかもチェックしておきましょう。わかりにくいとモチベーションが落ちますし、操作間違いや約定タイミングの遅れなどが生じてストレスがたまることにもなります。